抗酸化ポリフェノールはアンチエイジングのために一番効果的な栄養素

人間の体は細胞に酸素を取り込むことで活動していますが、体を動かした時に活性酸素という老化を促進する物質を発生させてしまいます。

この活性酸素は30歳頃までは体で作られる酵素の働きで除去されていますが、35歳を過ぎるとその働きが弱まってしまいます。

40歳になると活性酸素を除去する能力はほとんどなくなってしまうので、食物から抗酸化作用のある栄養素を摂取することで取り除かなければならなくなります。

抗酸化物質の色の意味

活性酸素を取り除く働きのある抗酸化物質は、ビタミンCなどの抗酸化ビタミンと野菜や果物の色素である抗酸化ポリフェノールが代表的な成分です。

抗酸化ポリフェノールは野菜を守るために存在している色素で、トマトならば赤い色素のリコピンが抗酸化ポリフェノールとして含まれています。

いわゆる緑黄色野菜というのは抗酸化ポリフェノールの色素を含んでいる野菜のことで、必ず葉の部分や実の部分に赤や緑、黄色などの色素を持っています。

抗酸化ポリフェノールは色によって働きが異なっていて、赤やピンクは血管や心臓などの循環器を健康にする働きが強く、紫や黄色は目の老化を防ぐ働きがあります。

この物質に共通しているのは活性酸素を取り除く働きがあるということで、常に発生し続けているこの老化を促進する物質をこの色素を食べることで除去していて、これがアンチエイジング効果として機能しています。

喫煙と抗酸化物質の不足について

老化を進行させる代表的なものは喫煙です。喫煙をすると非常に多くの活性酸素が発生するために、ビタミンCなどの老化を防ぐ栄養素が不足してしまいます。

その結果として顔に深いシワができてしまったり、動脈硬化になることがあります。喫煙をしている女性のシワが深いのは顔の表面の毛細血管の血行が悪くなりターンオーバーが正常にできなくなることが原因です。

細胞のガン化と抗酸化ポリフェノール

また活性酸素は細胞そのものを老化させてしまうので、ガン化する細胞を増やしてしまいます。
細胞のガン化と老化を防ぐことができる抗酸化ポリフェノールはアンチエイジングのために一番効果的な栄養素です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ