どのような食生活や生活習慣、運動をしたら便秘の改善に繋がるのか

便秘は病気じゃないから、便秘体質でも心配はいらないと、便秘を甘く見ている人が多い様に感じます。

しかし、便秘と言うのはまさに万病の元になると言われているので、便秘である人は食生活や生活習慣を変えたり、便秘に効果的だと言われてる運動を取り入れることで改善する事が出来るのです。

食生活や生活習慣の見直し、軽い運動で便秘体質が改善出来るのならば勿論試した方は良いのですが、便通が出やすいような習慣をつけると、その週間が癖になり、自然な排便を促すことが出来るのです。
そこで、どのような食生活や生活習慣、どんな風に運動をしたら便秘の改善に繋がるのかを解説したいと思います。

◎1日に三食を食べると言う事は体の栄養的なことでも必要ですが、便秘体質の人は特に三食を意識して食べる様にする事なのです。

もともと便秘症だから、朝は食べたくないし、糞ずまりになりそうで怖いという理由で朝食を避ける人もいるようですが、人間の体は食物を口にしないと、便になり出ないという仕組みになっているので、必ず朝から朝食を食べることが必要となります。

しかし、便秘体質の方が朝食を食べるにあたり、お勧め朝食の食べ方があります。朝に排便の習慣をつける為に、朝食は固形物よりも、スムージーやヨーグルト、野菜ジュースやゼリーなど、噛まずにも身体の中にすっと入っていく食事が効果的だと言われています。
朝は何も口にしないと言う生活だと、結局お昼や午後まで胃腸に何の刺激も与えず、胃腸に中に何も入ってこないことから、排便へ?がるどころか、どんどん便が固まる傾向にあるのです。

なので、便秘がちな方は朝起きたら、1杯の白湯を飲んだら、次に朝食の代わりとして、スムージーやヨーグルト、野菜ジュースやゼリーなど、喉をすっと通るようなものを食べると胃腸が刺激されて、午前中のうちに排便へ?がる可能性が高くなるのです。

◎夕飯は食物繊維が豊富に含まれている、ごぼう、人参、もろへいや、かぼちゃ、オクラ、キャベツ、さつま芋、きくらげ、アボカドもを意識した食物を入れたメニューで献立を決める事もお勧めします。

またアルコールは水分ではないので、夜はアルコールを飲んでいるから、お水や麦茶は飲んでいないというのは間違えです。
食事時や、お風呂上り、就寝前にもしっかり水分の補給をして、便が固まらないようにしましょう。

◎便秘改善としての適度な運動はウォーキングやラジオ体操やストレッチで充分効果があると言われていますが、就寝前と起きた時に、仰向けになり、膝を立てて、お腹を時計回りにゆっくりとマッサージする事も効果的です。

ちょっとの週間で便秘は改善出来るので、是非試して欲しいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ