大人のニキビは、ホルモンバランスがカギを握っている

ニキビは、思春期以降多くの方が悩まされる皮膚疾患の一つです。

思春期のニキビは皮脂が過剰に分泌されることで起きますが、時期が来ると治るケースがほとんどで、積極的に洗顔をして余分な皮脂を落とすケアが推奨されています。

思春期にニキビができた方で、それ以降ずっとニキビができやすい肌になってしまう方や、思春期にニキビがあまりできない方で大人になってからニキビデビューをしてしまう方もいます。

一般的に大人になると、皮脂の分泌量は低下する傾向にあり、ニキビができやすい要素は減少するはずですが、口の周りやあご、首などに化膿したニキビができて悩まされる方は多く、特に生理前のニキビに悩まされる女性は多いと考えられています。

女性は一か月のうちに何度もホルモン値が変化し、特にニキビができやすい時期としては排卵後の生理前の時期が挙げられます。
生理前は黄体ホルモンの影響で皮脂分泌量が増え、それがニキビの原因になりやすいといわれています。又、慢性的なニキビに悩まされるケースもあります。

このような大人のニキビは、ホルモンバランスがカギを握っている場合があります。

女性でも、男性ホルモン様物質が分泌されており、その値が上昇するとたくさんのニキビに悩まされることがあります。原因はわかっていませんが、ストレスが原因になるケースもあるとされています。

血液検査をすると、血中のホルモン値がわかりますので、男性ホルモンの値が高い場合は、低用量ピルや男性ホルモン値を下げる薬を服用することで、大人ニキビを治すことができることがあります。

すべての大人ニキビに適用されるわけではなく、又ニキビのホルモン療法を行っていない皮膚科も多いのが現実ですが、美容皮膚科やアダルトニキビの治療を得意とする皮膚科では多くの場合ホルモン療法を受けられますので、治らない大人ニキビに悩んでいる方は一度受診してみてはいかがでしょうか。

つぶれてしまってあとになった場合は、レーザーやケミカルピーリングなどの施術が有効です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ