人間の発汗を調節しているのは自律神経

人間の発汗を調節しているのは自律神経です。

これは副交感神経と交感神経から成立している神経で、個人の意思ではどうすることもできない領域の働きを担っています。副交感神経は体が休まっている時、気分がリラックスしている時、また夜間などに優位になると言う特性があります。反対に交感神経は体を動かしている時や、日中などに優位になります。

このふたつの神経は24時間、1年中、もっと言えば人の一生の間、ずっと働き続けています。そして大切なのは、働きのバランスが保たれていることです。自律神経が乱れると、体に対しては様々な不調が出てくるとされています。

自分の意識が及ばない部位の働きを担っている神経の働きがおかしくなるのですが、こうした不調が出てくるのも頷けることです。たとえば頭痛やめまい、耳鳴りや筋肉のこわばりと言った肉体的不調は勿論のこと、イライラや憂鬱、悲壮感、意欲や集中力の低下と言った精神的な不調が出てくることも多くあります。

脇汗が酷いと言った発汗にまつわる不調も、この中に含まれます。更に自律神経の不調は、性ホルモンや成長ホルモンの不調につながることもあります。これは両者をコントロールしているのが同じ大脳の視床下部であるためです。

性ホルモンの不調は、女性であれば月経や妊娠に関するトラブル、男性であれば性機能や精力に関するトラブルにつながります。また成長ホルモンの不調は、肌や骨、頭髪などのトラブルにつながることもあります。

ですからそのままの状態を放置しておくと、脇汗に限らず、ありとあらゆる不調が進行する恐れもあるので、早めに対策をとることが必要です。自律神経は、先に説明した通り、夜と日中では優位になる神経が異なります。つまりそれだけ、時間やそれを判断するための材料となる周囲の明るさ、暗さに対して敏感です。

ですからまずは、夜にはしっかりと眠ること、そして朝にはできるだけ太陽の光を浴びて、副交感神経から交感神経へとスイッチを切り替えさせることが対策のひとつとしては挙げられます。また非常にストレスに対しても敏感と言う特性があるので、過度なストレス、不要なストレスとは距離を置くことも大切です。

そしてストレスと言う点に関して言えば、呼吸法に気を使うと言うのも対策のひとつです。呼吸と言うのは、当たり前すぎて意識していないと言う人も多いかもしれません。

しかし緊張している時には呼吸は浅くなりがちになり、それを解消するために多くの人は深呼吸をしようとします。ですから呼吸に少し意識を傾けるだけでも、自律神経の働きが改善させることが期待できます。

最も簡単なのは、副交感神経を優位にするとされている腹式呼吸と、交感神経を優位にするとされている胸式呼吸を覚醒時に、交互に行うと言う方法です。また強いストレスを感じた時には、それを逃すために腹式呼吸を意識して行うと言うのもひとつの方法です。継続して行うことが必要ですが、この呼吸法を意識するだけでも自律神経の働きが改善され、脇汗などのトラブルを減少させることが期待できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ