オリーブオイルは抗酸化作用によるアンチエイジング効果もある

オリーブオイルと言えば食用と思いがちですが、実は美容にも効果てきめん。
天然成分で出来たオイルですし、口に入れるものですから、これほど安心で安全なものはありません。

さらに、ビタミンA、スクワラン、ポリフェノールなどの栄養も含まれており、シミ、しわなどを防ぐ抗酸化作用によるアンチエイジング効果もあるのだとか。
とは言っても、安いものだと酸化が早く、美肌ケアになりませんので、エクストラバージンオイルを選ぶようにして下さい。

では、早速色々な効果と美容法をお伝えしていきたいと思います。

さて、顔のくすみといっても、原因は様々あります。どういったものがあるのか、見てみましょう。
まず原因として良くあるのが、メラニンくすみ。

メラニンは、紫外線によるダメージや、炎症を起こすと生成されます。このメラニンが、ターンオーバーでうまく排出されずに肌に残ってしまうことで起こるくすみです。
そこで、オリーブオイルの出番です。実はオリーブオイルには紫外線を吸収する働きがあり、顔に塗ると紫外線が当りにくくなるので、メラニンが生成されず日焼けしにくくなるというわけです。ただし、日焼けを防ぐわけではないので、上に日焼け止めを重ねて塗ること。

出来てしまったメラニンくすみは、ビタミンC誘導体や、プラセンタエキスなどの美白成分が含まれた化粧品を使ってケアして下さい。

次に、乾燥によるくすみがあります。乾燥には、何よりも保湿が大事。オリーブオイルは油分ですから、化粧水でしっかり保湿したあとに薄く塗れば、水分の蒸発を防ぎ、水分をお肌に留めてくれますので、もっちり肌が期待できます。

また、血行不良による青ぐすみがあります。この場合はマッサージが有効です。オイルを適量手に取り、やさしくマッサージすることで、血行が良くなり、顔色がよくなります。
汚れくすみには、クレンジングとして使う方法があります。

掌に適量取り、まずは掌の体温でじっくり温めます。このひと手間がオイルを柔らかくし、肌になじみやすくなります。そして、顔に乗せ、優しくくるくるとマッサージして下さい。肌がやわらかくなり、角栓などの汚れやざらつきが取れやすくなります。一回ではあまり効果がなくても、数回マッサージしていくうちに、汚れが落ちていき、お肌がすっきりしてきます。ただし、力を入れ過ぎないこと。力を入れてマッサージしてしまうと、逆にお肌に負担がかかったり、表面の皮膚に傷がついてしまうかもしれません。

このように、さまざまなくすみの種類がありますが、身体の外からのケアだけでなく、内側からケアする方法もあります。

オリーブオイルにはオレイン酸が含まれており、このオレイン酸は体の中で血中コレステロールを減らす作用があります。更に、胃酸の分泌を調整してくれるので、消化が良くなり、便秘や下痢知らずという効果もあります。

また、カルシウムや鉄など様々な栄養を多く含んでいるので体全体を健康な状態に導いてくれます。

このように、オリーブオイルには様々な美容効果があります。上手に使って、くすみ知らずの美肌を手に入れたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ