アンチエイジングには「3つの首」を意識してマッサージ・保湿ケア

アンチエイジング。そのまま「老化防止」という意味ではありますが、現在は「若さを取り戻す」的な意味も含まれて使われている気がします。
体の中で「老化」を如実に感じるのが「3つの首」の部分。
頭と胴体をつなぐ「首」、そして「手首」「足首」です。

この3つの首を意識してケアすることによって、アンチエイジングの効果を見た目から感じやすくなります。
まず、一番人の目に触れやすい、頭と胴体をつなぐ「首」。

すこし周りの方を見まわしてください。しわや肉のつき方、肌のハリなど、驚く程年齢を感じられる個所ではないでしょうか。
冬場はタートルネックやストールで守られていますが、顔と同じく外気に触れる時間が長い個所。

シミを防ぐための日焼け止めは重要です。(デコルテまで意識して日焼け対策をすることをオススメします。)

汗をかいたらきちんとふき取る、お風呂ではきちんと洗い清潔にする、顔と同じように保湿対策を行う・・・とても基本的なことですが、首の肌の健康を保つ重要なケアです。

特に後ろ首は、気にしてケアをする必要があります。

ショートヘアの方はもちろん、髪を縛っている方もロングヘアを下ろしている方も、何気なく目に触れる後ろ首が丁寧にケアされていると、印象が全く異なります。

「隠す」のではなく、清潔に保ち保湿ケアをすることで「見せて」緊張を高めておくのは必須です。
次に、「手首」「足首」ですが、こちらは保湿ケアでかなり印象が変わります。
ハンドクリームではなく、ボディローションの方が浸透が深くオススメです。

手の甲から手首をくるりとまわり、肘まですっとマッサージしながらボディローションで保湿します。
足は足の甲、足の裏とともに足首を丁寧に包むようにマッサージしながら、膝に向けて保湿をします。
準備運動でよくある手首と足首をくるくるとまわす運動も効果的です。
動かすことで血流も良くなり、肌の健康につながります。

アンチエイジングには「3つの首」を意識してマッサージ・保湿ケアをし、健康な肌を保ってください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ