シミや肌荒れを防ぐための徹底スキンケア

顔のシミ、男女問わず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
シミがあることによって老けて見られることも多いですし、やはり自分の肌は綺麗でいたいと思いますよね。また、女性に比べ男性は肌のスキンケアをする方が少ないため、シミが特にできやすいそうです。今回はそのシミや肌荒れを防ぐための徹底スキンケアについて解説したいと思います。

スキンケア

シミができる主な原因は紫外線とされています。つまり日焼けをするとシミができやすいのです。シミは紫外線を受けることによってメラニンが活性化し、色素沈着を起こしてできてしまいます。また、晴れている日だけではなく、曇りや雨の日も紫外線は発生します。だいたい3月頃から増え始め、5月から8月にかけてその量はピークとなります。夏だけ日焼け止め対策をする方も多いですが、実際は春先から始める方が肌には良いのです。

そしてシミは紫外線だけではなく、乾燥が原因となることもあります。これは肌が乾燥することによりコラーゲンが不足し、メラニン色素が肌に残りやすくなってしまうためです。
美白成分を含んだ化粧水や乳液を使うことによって、このようなシミを防ぐことが可能です。ビタミンCやハイドロキノンは特に美白効果が高いので、こういった成分が配合された物を選ぶと良いでしょう。

また、タバコを吸っている人はさらに要注意です。タバコを吸うことによりビタミンCが破壊され、メラニンの抑制力が弱くなりシミができやすくなってしまいます。さらにタバコに含まれるニコチンが血管を収縮するため、血液の循環も悪くなり、食事で摂れる栄養さえも肌に届かなくなってしまうのです。

そしてシミは睡眠不足が原因でもできてしまいます。睡眠不足や睡眠の質が悪くなると、新陳代謝が乱れ、シミや肌荒れを引き起こします。特に成長ホルモンは夜の10時から深夜2時にもっとも盛んに分泌されるので、この時間帯に睡眠をとることにより肌細胞が生成され、シミを防ぐことができるのです。できるだけ毎日同じ時間に寝ることを心がけ、生活リズムを整えるようにしましょう。

 

美肌を保つための肌に優しい洗い方

 

美肌を保つにはいろいろと気に掛ける事がありますが、肌に優しい洗い方もその一つですね。また、人の肌質にはいろいろあり、敏感肌の人や乾燥肌の人もいます。

ここではそんな人達が美肌を保つための洗い方について解説します。

洗顔の時に注意する事

皮膚を清潔に保つためには洗顔、入浴する事は重要な事です。

 

しかし、ドライスキンの場合には外部からの刺激に弱いので洗顔料や洗顔の仕方によってはそれが刺激になり、逆に肌荒れを招くことがあります。大切なことは洗顔料をしっかり泡立てて洗う事。手と顔の間に泡を挟んでころがすようにして、泡に汚れを付着させるイメージで洗いましょう。

指でゴシゴシしたり、たとえ洗顔料でもタオルやスポンジでこするのはドライスキンを悪化させる事になります。さらにすすぎを十分にすることも肝心です。

洗顔料を肌に残すことがないようにしましょう。洗顔料は乾燥肌用、または敏感肌用を選んでスクラブなどの物理的に肌をこするものや、フルーツ酸などの角質剥離作用のある成分が含有されているものは避ける方が良いでしょう。

入浴時に気を付ける事

長い時間お風呂に入るのはあまりお勧めできません。湯音が高いと皮膚の潤いを保つための皮脂が奪われ乾燥しやすいですし、皮膚が荒れている時には温まるとかゆみを感じる事があります。肌トラブルが気になる場合はぬるま湯でさっと入るか、シャワーで済ませるようにしましょう。

体を洗う時には低刺激の石鹸をよく泡立てて使い柔らかいタオルや手でなでるようにすると負担は少なくなります。

また、シャンプーをする時には界面活性剤が入っている商品は洗浄力は強い分、洗髪の時にシャンプーが首や顔、背中などに流れると肌トラブルを引き起こす可能性があります。

人の肌質はそれぞれですが、敏感肌の人も乾燥肌の人もここに挙げた事を参考してみずみずしく、張りのある美肌を目指しましょう。肌に優しい洗い方をぜひ心得るようにしましょう。

シミを防ぐためにおすすめのスキンケアはこちら⇒http://www.construccionesfc.com/

サブコンテンツ

このページの先頭へ